2016年09月20日

北信越ジュニア

image1.JPGimage2.JPG
9月17日〜19日の日程で、長野市、男子はホワイトリング、女子は南長野運動公園体育館にて、北信越ジュニア選手権兼全日本ジュニアの予選会が行なわれました。

男子個人第3位 室賀友祐 (むろがゆうすけ)
女子個人第2位 丸山朔夜
女子団体第2位 丸山朔夜、高野里香、小林璃音、伊藤真唯、得能澪

で、全日本ジュニアを決めました。
団体は、調べたら。。14年ぶりの出場となります。
男女揃って、また団体個人共での出場、本当に嬉しいです!
10月14〜16日、福島市国体記念体育館です。
長野県、北信越の皆様方に、背中を押していただいた事を自信にし、誇りを持って、みんなで協力して、最高の舞台に向かって、更に努力をしていきます。

また、女子小学4年生以下のB競技ボールの部では、最高の演技をした藤原由杏が、見事優勝しました。
男子個人B競技高学年では、丸山和孝が2位、男子団体もしっかりと演技をして、3位に入賞しました。

また、北信越ジュニアまでの1年間で、全国大会3位以内の選手に、北信越体操協会より、優秀選手賞が与えられます。
昨年国体3位、今年高校選抜大会リボン3位、インターハイリボン2位の、清澤毬乃が、優秀選手賞を受賞致しました。

そして、北信越ジュニア選手権では、体操競技、新体操の男女全ての部門をあわせての県別に入賞の点数付けで、昨年より順位を出しています。
今年度は、見事、長野県が、第1位となりました!

長野県開催での今大会、長野県の先生方に支えていただき、高校生には補助役員としてお手伝いしてもらい、本当に沢山の皆さんからの応援をいただいて、このような結果をいただくことができました。
心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
posted by Wing at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動